リプロダクト家具とは?有名デザイナーの歴史的名作のジェネリック

リプロダクト家具とは?有名デザイナーの歴史的名作のジェネリック

最近、どこからか聞こえてくる「リプロダクト家具」という言葉。
このリプロダクト家具は、薬でいう「ジェネリック」のことで、意匠権の切れたデザイン家具の復刻版です。ジェネリック医薬品同様、オリジナルと同じ調合(外観)の製品を安く手に入れることが可能です。
 

家具の意匠権

リプロダクト家具は、意匠権の切れたデザイン家具の復刻版というお話をしました。
しかし、この意匠権とはどういうものなのでしょうか?
意匠権は言ってみれば「財産」です。この「財産」を使う権利があるのは、この財産のオリジナルを作った人です。
意匠登録を行うことにより、意匠権という権利が発生し、他の人が同じデザインの製品を作ることができないようになります。
 
日本の法律では、この意匠権が保護される期間は20年。
その期間が経過した後は、意匠権は消滅するため、誰でもまったく同じデザインの製品を生産することができるようになります。
 
最近、デザイン家具の市場がにぎわっているのは、このリプロダクト家具の影響によるものと言って間違いありません。
オリジナルデザインを忠実に再現しながら新しい。しかも低価格で手に入れることが可能。ネット通販を中心に、デザイン家具のマーケットが活況です。
 

オリジナルのデザイナーズ家具について

リプロダクトやジェネリックと呼ばれる家具があるのは、オリジナルのデザイン家具が存在するからです。
そのオリジナル家具に魅力や価値があるために存在するリプロダクト家具ですが、では、オリジナルのデザイナーズ家具にはどの程度の価値があるのでしょうか?
 
アンティーク家具と言う言葉を聞くこともありますが、通常、イギリスなどのアンティークマーケットが活発なところでは、製造から100年以上経過したような家具をアンティークと呼ぶようです。
したがって、オリジナルのデザイナーズ家具は、それほど古い製品ではありませんので「ヴィンテージ」程度が適切かもしれません。
 
オリジナルは、やはり希少価値があるため、市場に出てくると高値で取引されているようです。
現実、程度のいいオリジナルのデザイナーズ家具に出会うチャンスはなかなかありません。
リプロダクト家具の中には、オリジナルと同様の材料を使い、質感などを忠実に再現したすばらしい製品が多くあります。
こうしたリプロダクト家具を実際に使ってみることで、オリジナルが生まれた時代に夢を馳せるのも、贅沢な時間の使い方ではないでしょうか?

リプロダクト家具・イームズチェア通販